ペルソナ研究所とは?

 

 一人一人が活き活きと活躍する企業、どうしたらそんな企業を作れるのでしょうか。それぞれが、思いはあふれるように持っているのに、言葉に表すことが出来ないでいます。
 

 ペルソナ研究所では、心の底に渦巻く思いを引き出し、「自分」をしっかり「知る」ことから始める新しい「自分作り」のお手伝いをする研究所です。

​ そして次の3つが、ペルソナ研究所が掲げる取り組みです。

 

1,ダイバーシティのジレンマを考える

ダイバーシティ&インクルージョンの浸透・理解を促進するカードゲームです。深刻な悩み、ジレンマをゲームにすることで楽しみながらより深く対話を促進する画期的なツールです。

クロスロードダイバーシティ編 クロスロードとは? 阪神・淡路大震災後に行われた「大都市大震災軽減化特別プロジェクト」の一環として、矢守克也氏(京都大学教授)、吉川肇子氏(慶応義塾大学教授)、網代剛氏(産業技術大学院大学助教)によって開発された防災ゲームです。クロスロードの役割は、誰もが遭遇するかもしれないジレンマ(悩みやこだわり)を言葉にして伝え、多様な人がいて、多様な答えがある、ということを共有する点にあります。リスク・コミュニケーションツールとして、「防災編」「感染症編」「食品安全編」「学校安全編」「「心のケア編」など多くの分野で活用されています。)

 

 

​2,日本に培われた歴史から学ぶ 講座をご用意しております。

コミュニケーションを豊かにし、望む人生を活き活きと生きていくために、ぜひ日本に育まれた深いたしなみと心遣いを、ご紹介させてください。

 

3,エニアグラムによる自己理解・性格分析・人材育成・自己成長の方向を、具体的な手法で実践することを目的としています。理論だけではなく、実際の生活に役立つことを、目的としています。エニアグラムという長い時間によって精査された、古くて新しい心理学理論を活用し、性格分析による自己理解・自己成長の方向をご紹介し、より自分らしく活き活きと、望む人生を手に入れるお手伝いをいたします。

 

 © 2018 by Persona Laboratory