ペルソナ研究所とは?

 

 一人一人が活き活きと活躍する企業、どうしたらそんな企業を作れるのでしょうか。それぞれが、思いはあふれるように持っているのに、言葉に表すことが出来ないでいます。
 

 ペルソナ研究所では、心の底に渦巻く思いを引き出し、「自分」をしっかり「知る」ことから始める新しい「自分作り」のお手伝いをする研究所です。

​ そして次の3つが、ペルソナ研究所が掲げる取り組みです。

 

​1,日本に培われた歴史から学ぶ 講座をご用意しております。

コミュニケーションを豊かにし、望む人生を活き活きと生きていくために、ぜひ日本に育まれた深いたしなみと心遣いを、ご紹介させてください。

 

2,エニアグラムによる自己理解・性格分析・人材育成・自己成長の方向を、具体的な手法で実践することを目的としています。理論だけではなく、実際の生活に役立つことを、目的としています。エニアグラムという長い時間によって精査された、古くて新しい心理学理論を活用し、性格分析による自己理解・自己成長の方向をご紹介し、より自分らしく活き活きと、望む人生を手に入れるお手伝いをいたします。

3,日本は今、世界的にも類を見ない速度で、高齢化社会に入ってきています。
1970年代に高齢化社会に突入した国としてフランスがありますが、日本に比べてはるかに長い期間を経ています。つまり高齢化社会になるための準備期間がそれなりにとれたのです。急速なこの社会変化を、どう乗り切っていったらいいのでしょうか?

 

 日本の高齢化社会の問題の中に単身世帯の急増があります。未婚の単身者、配偶者との離別などで65歳以上の20%が単身世帯になるという予測が建てられています。社会的なセイフティーネットの一環として「シニア福祉アドバイザー」という資格が生まれました。社会福祉・成年後見人の選定・相続などを含めて、老後の問題について、アドバイスできる資格です。法律や介護の、あるいは亡くなられたとき、または専門家に相談する前の「こんなことを聞きたい」という方々に、カウンセリングを含めてお話を伺います。また、老後についてのセミナーも行います。これから来るそれぞれの老後について、お話をさせていただきます。

どうぞお気軽のお問い合わせください。

〇 成年後見人て、どんなことなの?
〇 どんなふうにしたらいいの?

〇 財産をどうしたら、いいの?

〇 認知症になった時にどう対応してもらえるの?

〇 お墓の問題は、どうしたらいいの?

 

お話をお伺いして、それぞれの専門家をご紹介もいたします。専門家に尋ねる前にまず、ご相談ください。より良い方法をご一緒に、見つけましょう

 © 2018 by Persona Laboratory