お正月は、門松


いよいよ年末も押し迫ってきましたね。

仙台市内の市の建物に、仙台門松が飾られています。

門松というと、おなじみのスタイルを思い出してしまいますが、実は全国にはいろいろな形があります。 仙台の門松は江戸時代の形を基本的に守っているものです。



中には佐賀の鼓飾りや西宮神社の逆さ松飾りなど珍しいものもあります。







門松の竹も、頭を頭をまっすぐまっすぐ切っているものと斜め削ぎ切りにしたものとがありますが、


これはなんと、武田信玄と徳川家康との勢力争いに端を発しています。





武田信玄から、徳川家康にこういう歌が送られてきました。


松かれて竹たぐひなき旦(あした)哉


(松つまり松平の徳川のことですね。松は枯れてしまうけれども、竹、武田の家は末永く繁栄するという歌です)

然るに酒井忠次は、家康不興の体を見て、これを

松かれで竹だくびなき旦(あした)哉


(松平の子孫は枯れずに、武田の者どもこそ首がなくなるだろうが!!)

と鮮やかに切り返したそうです。濁点の位置を変えての見事な機転です。

昔の武士(もののふ)は、こうしたことにも長けていたのですね。

漢字の読めない方を長とする今の日本とは大違いです。 日本は、本当に進化してるのかしらん。



16回の閲覧
persona_rogo.png

 © 2018 by Persona Laboratory