よそゆきと普段着


戦前はもちろんのこと 戦後も暫くは ちょっとそこまでというときや 家にお客様がいらしたときには

前掛けとたすきは 外して 人様の前に出たものです。



つまり 褻と晴れの区別は シッカリありましたよ。 改まったお出かけだけではなく ちょっと そこまでのお出かけでも 着ものを着替えて 出かけるのは、 当たり前のお行儀でした。





順礼装の

訪問着と おしゃれ着の 付け下げは 格が違うものです。


付け下げは


散歩着・・・といいました。


お散歩するのに

こんなお着物なの?


ちょっと そこまでのお着物 といった意味で使われました。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示