宣教師と日本

フランスの思想家 ヴォルテール

『習俗試論』 「17世紀の 日本と同国における キリスト教の消滅について」から





日本人は寛大で、 気安く、 誇りの高い

そして、 その決断に関しては 極端な一民族である。

彼らは 最初 異国人たちを 好意をもって受け入れた。


ところが、 自分たちが 侮辱されたと 信ずるや、

彼らときっぱり 縁を切った。 キリスト教の宣教師たちは ある意味 経済先兵でもありました。 アレッサンドロ・ヴァリヤーノが 国王あての親書にも あるように 征服可能か それに値する国かどうか 報告の義務を 与えられていたようです。 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康

に時代における キリスト教の宣教に対する 対応の変化を

ヴォルテールは このように 表現したのです。 仙台の 伊達政宗の密命に したがって


ヨーロッパに向けて 出港した 支倉常長は



時代の変化に 押し流された 悲劇の 武将と言えます。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示