日本の統計学について

日本は終戦後、国土は荒れ果て そこに働くべき男手がなく、 食糧難食糧難ででした

ときの占領軍であったアメリカは、 人道的な立場から、食糧援助を行います。

その基礎数字を提出する様に 吉田茂総理に支持します。

それに基づき、食糧援助をしたのですが かなりな水増しがあったことが 発覚します。

マッカーサーは激怒し

吉田総理を呼びつけ 激しく抗議したといいます。

総理は少しも慌てず


「我が国の統計学が

貴国のそれのように 正確なものであったならば

この戦争は、、なかったでありましょう」


と言い放ったそうです。


あれから、75年に喃々としていますが

相も変わらず、日本の官僚諸君の

統計学には

進歩がないようですね。


厚労省の事件を考えるとき、悲しい。 勿論、吉田総理のそれは 外交のネゴシエーションで あったわけですがね。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

 © 2018 by Persona Laboratory