紬は紬、文化を壊さないでください。

新元号有識者会議に出席した

宮崎みどり千葉商科大学教授の

着物姿が、話題になっています。

これは、この方の教養の無さを 表してる以外の何物でもないですね。 白大島という着物はは 購入するときは 高い着物であることは 事実ですが、金額と着物の 「格」とは何の関係もありません。 こうした正式な会議などに出席するときは 紬(大島や結城などを含む織の着物)は カジュアルウェアですから 着てはいけません。


男性が、ネクタイ背広姿であれば それに、並ぶものをお召しになるのが 当たり前のマナーです。

こういう格下の服装を 「Under dress」といいます。 同席する方に対して、大変失礼なことです。

プライベートな場所や パーティなどにお召しであれば、 面白いお着物となるでしょうが 一国のこれからの時代について 討議するときの、お衣装としては、 如何なものでしょうか?

デザイナーブランドの

Tシャツなんだからいいでしょ!! と言っているのと同じです。 しかも、羽織られているものは 「袖なしちゃんちゃんこ」


これは間違っても、女性が正式な場で お召しになるものではありません! 一部には「陣羽織」?という声もあるそうですが だとしたら、なおのこと 平和を象徴するような場では ご遠慮なさるべきでしょう。

陣羽織は戦の場で着るものです。


総じて不見識な 日本の文化に対して理解の無い 女性だなというのが 拝見していての感想です。

着物は、日本の民族衣装です。 日本の文化です。 そこに、、培われてきた決まりごとは 民族の大切な宝物です。 理屈では、理解できないこともあるでしょう。

でも、今の時代にそぐわないといって 切り捨ててしまう前に 伝え続けることの大切さを 思い起こしてください。


日本という国体の維持です。 天皇制度・皇室・元号を含めて

2700年伝え続けられている

日本という国の伝統文化の 奇跡のような存在価値を 私は、この先も大切なものとして 伝えていきたいと、願っています。

文化や伝統は 一度、壊れてしまうと もう元の形には、戻りません。。 日本の真の美しさが どこからくるもののなのかか 失う前に、しっかり考えてみませんか?

大学という最高の学問の場で 物を教えている方が こういう日本文化を無視した

行動なさるという現実に 心痛みます。

127回の閲覧

最新記事

すべて表示

fmいずみで、放送中!

fmいずみ797で、毎週土曜日11時30分から30分、 「工藤眞季子の今さら聞けない大人の流儀」放送中! http://www.fm797.co.jp/time.html へえ~~そうなんだ! あら、知らなかった! うんうん、知ってた、でも何度聞いてもいい話! あなたの生活の中に、ちょっと光って見える・・・そんなお話を集めて、工藤眞季子があの真季子節で語ります。 どんなお話が、飛び出すかは本人も分

 © 2018 by Persona Laboratory